業界

国土交通省の土地総合情報システムが不正アクセスにより停止!土地の相場の他の調べ方を検討してみた

投稿日:

どうも、ふくです。

投資用に田舎のボロ物件を検討しているのだが、ボロ物件だけあって、築年数が相当経っている。

上物(建物)の価値をゼロとして土地だけの価値はいくらなのか?

調べてみることにした。

 

土地総合情報システムを使う

国土交通省の「土地総合情報システム」が良さそうだということでアクセスしてみるも

Service Unavailableの表示されて開けない・・・

 

エラーかよ使えねーと思ってよく調べてみると、

なんと不正アクセスにより個人情報が流失した可能性があるとかなんとか。

国土交通省の広報のページに「情報流出の状況」や「サイトの状況」が書いてあるのでリンクしておく。

「土地総合情報システム」における不正アクセスおよび情報流出の可能性について

 

情報流出・サイト状況について

不正アクセスはサイト上の「不動産取引価格アンケート回答(電子回答)」からとなっている。

 

情報流出については、アンケート回答者の個人情報が最大で約4000件、流出した可能性があるようだ。

それだけでなく、所有権移転登記情報が最大で約19万件、流出しちゃった可能性もあるとのこと。

19万と聞くとかなりヤバイ感じがするけど、やっぱりかなりヤバイと思う・・・。

 

で、サイトの状況についてだけど、

土地総合情報システム」上の「不動産取引価格アンケート回答」以外の各機能のサービスの提供は継続しています。

とのこと。

え、どういうこと?

アンケート以外のサービスは使えるって言ってるけど、ページ開けないんですけど!

 

土地総合情報システムはいつ使えるようになるのか?

とりあえず使えないものはしょうがないってことで、復旧予定はいつかなぁと、

広報の「今後の対応」についてみてみると・・・

 

対策を検討しているところです。

とのこと。

 

はい、いつ復旧するか分かりません!

今週物件を見つけて、来週には内見する予定なのに。

相場も知らず交渉なんてできないし、どうしよう・・・。

 

他に土地の相場を調べる方法はないのか?

調べてみると3種類ほど調べ方の候補が見つかった。

1、不動産情報サイトで調べる

民間の不動産情報サイトに掲載されている売り出し価格を比較すると言うもの。

ポイントをまとめてみるとこんな感じ。

メリット

・短時間で簡単に調べられる

 

デメリット

・近隣の土地の価格と比較のため、正確ではない

・その価格も、あくまで希望価格であり、時価や実勢価格ではない

なんとなく価格が知りたい場合には良いかもしれないが、今回は投資用として土地価格が知りたいので、あまり役にたたなそうである。

 

一応、主な不動産会社をまとめてみた。ちなみにホームズの「地図から探す」はかなり便利

ホームズ

アットホーム

SUUMO(スーモ)

goo 住宅・不動産

@nifty不動産

楽天不動産

 

2、路線価から調べる

路線価は道路を基準に価格が決められている。

調べたい土地がその道路沿いにあれば、路線価を使って土地の評価を計算することができる。

補正とか色々あるようで面倒だけどそこまで正確じゃなくていいでしょうと言うことで、

国税庁の路線価図・評価倍率表で調べてみる。

リンク先のページで、調べたい都道府県 → 路線価図 → 市町村と進んでいく。

と、ここで調べたい町が乗っていないことが判明・・・

 

よく見ると注意書きにこう書いてある

ここに掲載されていない町又は大字には、路線価地域がありませんので、評価倍率表をご覧ください。

路線価が指定されてない・・・だと・・・評価倍率表をご覧くださいってあるけど。

それを見てみると宅地の場合、今回の土地は1.1倍しろと書いてある。

 

よく分からなくなって、ここでギブアップ笑

今後、使い方の調べて記事にしようと思う

 

3、複数の不動産屋に査定してもらう

これしかないのか。買うか分からない物件の価格調査なんてやってくれるのか?有料だろうしコレもあきらめた

 

とりあえず、力尽きた・・・

素人が土地の価格を調べようと思ってもなかなかうまくいかないことが分かった。

とりあえず、今後の課題がひとつ増えた。

おわり

-業界
-,

Copyright© ふく&よっぴーの節約投資成長ブログ , 2019 AllRights Reserved.